読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経営の戯言

経営に関する戯言をつらつらと

Facebookやブログに食べ物や贅沢品をアップする経営者は世の中の流れをわかってない

資本主義の崩壊…

といってしまうと言いすぎかもしれないが、多分、そんなことはない未来が私たちの前には待ち構えている気がして仕方がないのだ。特に、先進国に生きる我々にとってはそれほど遠くない未来であろうと思う。

これが言い過ぎだとしても、ブログやFacebookTwitterInstagramなどを介して容易につながることが出来るようになった昨今では職種や経歴、クラスタに関係なく、その生活を垣間見ることができるようになった。だからこそ、表題通りFacebookやブログに食べ物や贅沢品をアップする経営者は世の中の流れをわかってないといえるだろう。

それについて、英国の理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が警鐘を鳴らしている。

「私にとって交流のための技術を使用する可能性は正真正銘の解放となり、私はこれなしに自分の仕事を終えることは決してできないだろう。しかしこれはまた電話を持っている全ての人にとって、最も貧しい人々にとってさえも、最も裕福で、最も成功している人たちの生活を観察することを可能とする」 引用

 的を得ているどころの話ではない。私が昨今感じていた違和感を見事に文章化してくれていた。

人は妬み、恨み、憎悪する生き物だ。それが例え身近な人物に対してでも変わることはない。そしてどの時代も変わらないのだ。であるとするならば、すべてのクラスタがつながることが出来てしまう時代が来たのであれば、自分からそういった情報を上げるのを控えれば良いのだ。世の中の流れは不可逆だ。であるとすれば、自分自身が変われば良い。それだけのことだ。

そう、真っ赤なフェラーリやロングマフラーがかっこいいとされていた時代の終焉だ。